生理中でも医療脱毛は可能?どのタイミングが最適?

せっかく脱毛を始めて、なのに生理が来てしまった、これは脱毛はその日は出来ないのだろうかと、絶望してしまう人いますよね。

実際、かなり順調に脱毛してきて、今日もしっかりとと思った矢先に生理になってしまったら、脱毛に行っていいのかと悩むのは当然です。

正直なところ、脱毛サロンの場合はこの生理時期の脱毛は出来ないと断られることが多いです。衛生的な問題などが、ネックになるのです。

しかし医療脱毛の場合はどうなのでしょうか。医療であるということは、衛生的にも問題ないのではと期待がかかりますね。

実際に脱毛クリニックの場合は生理中でも嬉しいことに、脱毛が可能という結論を出しています。これは月に一度の生理が当然の女性にとっては、朗報ですよね。

サロンでの生理中の脱毛が不可能な理由

まずは何と言っても、脱毛サロンでは生理中の脱毛ができない理由、これも知っておきたいものです。

サロンでは脱毛ができず、でもクリニックなら可能ということは、それなりの理由があるはずですね。何より大きな理由は、衛生観念の問題です。

サロンでの脱毛は医療行為ではありませんので、いくら衛生に気を使ったとしても、クリニックの衛生観念の高さには及びません。

医療と美容の差、と言ってしまえばそれまでですが、これも超えられない垣根であることは事実です。

また他にもいくつか理由がありますので、それも見ていきましょう。

やはり血液に関することなので

生理中はどうしても、出血は避けられません。サロンの場合そこは美容専門ですから、この出血に対応するすべはあるとは言えません。

出血後のケアなども、医療の専門機関とは違って、完全にクリアすることは不可能です。例えば、ベッドの上で出血してしまった場合を考えてみてください。

誰かの出血後のベッドで施術というのは、やはり気持ちのいいものではありません。

肌が敏感になって痛みを感じやすい

生理中というのは、大なり小なり肌も敏感になっています。誰でも経験のあることですが、何時もと同じ服を着ていても、何となくチクチクしたりしませんか。

実際に微熱などもあった場合、肌の敏感さは増大します。そこに脱毛という刺激は、流石に強すぎますね。

また肌トラブルも発生する危険もあります。美容サロンの場合、普通の肌荒れなどのケアは出来ても、医療的なケアは出来ません。

そういう事もあって、生理中は脱毛不可ということになるのです。

ホルモンバランスの崩れている時期ですので、細かなケア医療的な治療が出来ないサロンでは、危険を犯すことが出来ないというわけです。

医療脱毛なら生理中の脱毛も可能

では医療行為になる、クリニックでの脱毛はどうなのでしょうか。これはほとんどのクリニックで、生理中でも可能となっています。

衛生の問題についても勿論、医療機関ですので対応は万全です。タオルやシーツなどのリネン類も、消毒は勿論完璧に行われます。例を上げれば、手術には出血がつきものです。

しかし病院で怪我などで手術の場合、前の人の血がついているかもしれないから嫌だ、と言う人はいませんね。医療においての消毒が、信用されている証拠です。

脱毛クリニックでも同じことで、医師の指導のもとに医療スタッフがこれらの医療行為をするのですから、衛生面での問題も無いということです。

そういった意味では、医療脱毛は本当に安心して受けられる施術と言うことになります。

ただしクリニックによっては、生理中お断りのところもありますので、そのあたりは確認してくださいね。

また脱毛の部位によっても、生理中は流石に無理という場所もあります。そういった点についても、少し見てみましょう。

流石にVIO脱毛は厳しい

ほとんどのクリニックが生理中でも脱毛できるとしていますが、VIOやお尻部分についてはさすがに、不可能としています。それこそ衛生面での問題からです。

ケアに失敗しての出血程度ならともかく、出血している部分への施術は不可能です。こういったデリケートゾーンへの施術については、生理中はキャンセルが求められます。

キャンセルについては各クリニックが、生理中だという点で対応が変わってきます。また全身脱毛の場合、VIOとお尻についてはその日の脱毛施術は出来ないことになります。

その点についても、初期カウンセリングの時に確認するのがおすすめです。

また基本的には不可能としていますが、いくつかのクリニックでは、生理中のVIO脱毛も可能としています。

どうしてもという場合、予めそのあたりも調べておきたいものですね。

調子が悪くなっても医療機関なので大丈夫

肌の敏感さは通常よりもかなり大きいので、勿論一番心配なのは痛みでしょう。また肌荒れについても、気になりますね。

これも医療の現場ということで、かなりのケアが可能です。特に痛みについてですが、医療脱毛のレーザーは強いので、肌が敏感になっている時にはいささか痛みも増します。

なのでそういった時には、スタッフや医師に相談してみましょう。実は鎮痛剤に関しては、脱毛不可になってしまうものがあります。

これについても予め聞いておきたいものですね。腹痛がひどい場合は、脱毛は二の次にするほうが良いでしょう。

しかし脱毛時の痛みについては、麻酔の用意のあるクリニックもあります。これは完全にサロンでは出来ない医療行為です。

あまりに肌が敏感になっている場合、この点についても医師に相談しておくことをおすすめします。

まあ本来はそこまでの体調の場合は、キャンセルをおすすめしたいところです。

医療脱毛は融通がきくけど生理中は避けた方が無難

サロンに比べて生理中でもある程度融通がきくのが医療脱毛です。しかしできれば、生理中の脱毛は避けたほうが良いことに変わりはありません。

VIO脱毛だけでなく、やはりデリケートな時期ですので、他の脱毛も控えたほうが良いのに変わりはありません。

急に予定外に生理が始まってしまった場合はともかく、周期が一定であまり変化のない人の場合、生理周期も計算に入れて予約を入れておきましょう。

これを把握しておくのは勿論、他のあらゆる面で役に立つことです。加えてこういった脱毛などという美容面でも、周期把握は役に立つのです。

今まで周期など気に指定な方っという人は、これを機会に自分の生理周期をしっかり把握しておくのがおすすめです。

そしてもし急に生理になってしまったら、すぐに予約変更もしくはキャンセルの連絡を、クリニックに入れてください。連絡なしのドタキャンは、これは本当のマナー違反です。

当人も困ってパニックしているかもしれませんが、これだけはしっかりと連絡、忘れないようにしてください。

この生理についてのキャンセルなど、セット料金などの場合どうなるか、これも心配ですね。これは各クリニックによって違いがあります。

他の日に振り替えられるクリニックもありますし、普通にキャンセルが効くクリニックもあります。

女性である以上、更年期まではお付き合いの必須な生理です。しっかりと自分の予定を掴んで、振り回されないようにしたいですね。

せっかく順調に脱毛できていたのが脱線しないように、生理についても計算を忘れないようにしてください。

そしてカウンセリングの時に、生理中のことについて質問することもしっかりと、心に留めておいてくださいね。

医療脱毛クリニック ランキング

関連記事

NO IMAGE

医療レーザー脱毛の種類はいくつある?それぞれのメリット・デメリット

医療脱毛ができない人の条件は?その理由について

医療脱毛ができない人の条件は?その理由について

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

毛周期とは?医療脱毛との関係性

毛周期とは?医療脱毛との関係性

NO IMAGE

医療レーザーと光脱毛の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

NO IMAGE

脱毛をした後にやった方が良いケアとやってはいけないこと

NO IMAGE

医療脱毛をした後に肌が赤くなった!赤みやかゆみの原因や対処法

NO IMAGE

【ニードル脱毛・ワックス脱毛・シェービング・光脱毛・医療レーザー脱毛】それぞれの...

NO IMAGE

埋没毛とは?原因・治し方・予防方法について

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる