埋没毛とは?原因・治し方・予防方法について

カミソリや毛抜きで自己処理をしていて埋没毛(まいぼつもう)ができてしまったことはありませんか?

埋没毛のなかには鳥肌状に赤黒くなってしまうものもあります。せっかくきれいな肌になるためにムダ毛の処理をしたのに、これでは見た目もよくありません。

皮膚の下に透けて見えるため引っ張り出したくなるかもしれませんが、かえって肌を傷つけることになってしまいます。

埋没毛ができてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか。そもそも埋没毛はどうしてできるのでしょうか。埋没毛ができないように予防することは可能でしょうか?

この記事では、埋没毛ができる理由からその対処の仕方、予防の方法についてお伝えします。

埋没毛とは?埋没毛ができる原因と場所とは?

「彼を知り己を知れば百戦殆ふからず」の諺が示すように、埋没毛に上手に対処するためには、埋没毛について知ることが肝要です。

埋没毛は「埋もれ毛」とも言い、皮膚の表面に出てこず、皮膚の下に埋もれた状態で成長した毛のこと言います。

通常、成長した毛は毛穴から皮膚の外側へと出てきますが、毛穴がなにがしかの原因でふさがれてしまうと毛穴から出れず、皮膚の内側にとどまった状態で成長するようになります。

これが埋没毛です。

埋没毛に似ているものに黒ニキビや粉瘤があります。どちらも中央に黒い点状のものがあるので埋没毛に間違われやすいのですが似て非なるものです。

黒ニキビは毛穴に詰まった古い角質や皮脂の酸化によってできたもので、粉瘤は本来なら新陳代謝ではがれ落ちるべき角質や皮脂がそのまま皮膚の下にのこってたまってできるものです。

一方、埋没毛は、間違った自己処理によって肌がダメージを受けることで引き起こされることが多々あります。

とくに自己処理することの多い、太い毛が密集している脇やスネ、Vラインといったところでよく見られます。

埋没毛の原因となる間違った自己処理とは何でしょうか。それを次に述べてみたいと思います。

埋没毛をつくってしまう間違った自己処理とは?カミソリの場合

カミソリはもっともポピュラーな、ムダ毛の処理によく使われるアイテムですが、肌への負担も無視できません。

しっかりムダ毛を処理しようと、カミソリの刃を押し付けるようにして剃ったりしていませんか?

あるいは同じ場所を何度も剃ったり、毛の流れに逆らうような剃り方をしていないでしょうか?

このような剃り方をすると、肌のうるおいを保つためにある角質層まで削り取ってしまうため、肌は乾燥しやすくなり、肌荒れの原因にもなります。

もちろん、何もつけずに直に肌に刃をあてて剃ることは論外です。

カミソリの場合、どれほど丁寧にしたつもりでも、実際には刃物が皮膚の表面をすべっていることになるので、角質を削ったり、毛穴を広げたり、目に見えない小さな傷をいくつもつけてしまっていることがあります。

傷ついた肌は自らを保護し、傷を修復しようと細胞を増やす際に毛穴もふさいでしまうことがあるのです。

そうすると、毛が皮膚の外に出てこれず、内側に埋まった状態(埋没毛)になります。

埋没毛をつくってしまう間違った自己処理とは?毛抜きやワックスの場合

カミソリだけでなく、毛抜きやワックスでも埋没毛はできてしまいます。

毛を引き抜く行為そのものが毛穴に負担を強いていて、無理に引っ張ることで出血することもあり、カミソリ同様、傷ついた皮膚の修復において毛穴がふさがれ、埋没毛ができてしまうことになります。

また毛を引っ張ったときに毛が途中で切れてしまい、残った毛が埋没毛になることもあります。

埋没毛をつくってしまう間違った自己処理とは?頻度も関係している

カミソリや毛抜き、ワックスを使ってのムダ毛の処理は肌へダメージを与えやすいため、ムダ毛の処理を行う頻度についても考えなければなりません。

毎日ムダ毛の処理をしていると、それだけ肌を傷つけ、傷ついた肌は修復の際に毛穴をふさいで埋没毛をつくってしまうことになり、これでは悪循環です。

自己処理を行う頻度については、3、4日をあけてするのが望ましいでしょう。それでも埋没毛はできてしまうことがあります。

では、できてしまった埋没毛はどうしたらよいのでしょうか。次はそのことについて述べてみたいと思います。

埋没毛ができたときの対策とは?

本来毛穴から皮膚の表面に出るべき毛が皮膚の内側にあっても大丈夫なのかと心配になる人もいることでしょう。

埋没毛ができたことで肌がプツプツと粟立った状態になってしまうこともありますが、たいていは肌の新陳代謝とともに毛穴は元の状態に戻り、皮膚の内側に埋もれていた毛も出てきます。

このため、埋没毛は基本的にそのままにしていてもよいということができます。

無理に取り出そうとするとかえって皮膚を傷つけ、新たな埋没毛をつくってしまうことになりかねません。

ただし、そのままにしていたとしても、時に埋没毛は毛嚢炎などの炎症を起こすこともあります。

炎症が起きた場合は、そのままにしておくと色素沈着の原因にもなるため医療機関を受診することをお勧めします。

基本的に放置してもよい埋没毛ですが、目立つのでどうにかしたいと思われることもあるでしょう。

その場合、自分で行えるものとして、次のような方法を挙げることができます。

・ボディスクラブやピーリングを利用する
・保湿ケアを怠らない
・蒸しタオルを利用する
・皮膚科で治療する

今挙げた四つについてさらに詳しく述べてみたいと思います。

ボディスクラブやピーリングを利用する

ボディスクラブは細かな粒子で肌の表面をこすり摩擦によって古い角質を除去する方法で、ピーリングはグリコール酸やサリチル酸といった薬剤で不要な角質を溶かして取り除く方法です。

どちらも、毛穴をふさいでいた角質を取り除く効果があり、ある程度の回数を重ねることで、埋没毛が出てくるのを助けてくれます。

どちらを利用するにしても注意しなければいけないのは、効果を早く求めるあまり毎日利用するのは肌にとって負担となり、肌荒れを進めてしまうという点です。

ペースとしては週に一回、多くても二回くらいにし、肌荒れがあったり、肌の乾燥がひどい場合はボディスクラブもピーリングも見合わせたほうがよいでしょう。

保湿ケアを怠らない

肌の乾燥も埋没毛の原因の一つです。

肌が乾燥すると、肌は角質を厚くして乾燥から身を守ろうとし、厚くなった角質が毛穴をふさいでしまうからです。

自己処理や入浴のあとは保湿クリームなどでしっかりケアをすることが大事で、肌のうるおいが保持されていれば、角質や毛穴をやわらかくし、肌の新陳代謝も促されるため、できてしまった埋没毛の改善だけでなく予防にも役立ちます。

蒸しタオルを利用する

あまり熱過ぎないお湯(4、50度くらい)につけて絞った蒸しタオルを埋没毛のできた場所にあてます。

蒸しタオルの蒸気と温度によって毛穴が開き、皮膚の内側に埋もれていた毛が出てきます。

出てきた毛はそのままにしておくのが一番ですが、どうしても抜きたいときは清潔な毛抜きかピンセットで丁寧に抜いて下さい。

くれぐれも出てきた毛だけにとどめ、埋まっている毛を無理に取り出さないようにして、毛を抜いたあとは保湿ケアとクールダウンを忘れないようにしましょう。

皮膚科で治療する

あまりにも埋没毛が多すぎて自分で対応するには手に余るとか、埋没毛が原因で痛みやかゆみ、炎症を起こしているような場合は皮膚科で治療してもらったほうがよいでしょう。

炎症を起こしているところを何とかしようといじったりすると悪化して毛嚢炎、さらには色素沈着や黒ずみをつくってしまう可能性があります。

ただし、炎症の起きている場合は保険の対象となりますが、そうでない場合は自費となるため注意して下さい。

埋没毛にならないためにできることは?

埋没毛ができる原因がわかれば、埋没毛にならないための予防策も講じやすくなります。埋没毛は自己処理における肌へのダメージが主な原因となっています。

このため、自己処理をする際には、極力、肌への負担の少ない方法をとることが埋没毛をできにくくすることにつながります。

具体的には以下のような方法になります。

・ムダ毛の処理には電気シェーバーを使う
・ムダ毛の処理を頻繁に行わない
・肌の保湿ケアを怠らない
・生活習慣を見直して肌の新陳代謝が滞らないようにする

それでは今挙げた四つについて、さらに詳しく述べてみたいと思います。

ムダ毛処理には電気シェーバーを使う

ムダ毛処理で使うアイテムは、肌への負担が少ない電気シェーバーがお勧めです。

電気シェーバーは、刃が直に肌へ当たらないようになっている分、肌への負担が少ないからです。

それでも使用にあたっては、肌をよく温め、シェービング剤をぬってから使うようにして下さい。

また、使用のあとは肌への保湿ケア(水分と油分の補給)を忘れないようにしましょう。

使った後のシェーバーの手入れや、古くなったシェーバーの刃は新しいものに買い替えることも肌のためには大事なことです。

ムダ毛の処理を頻繁に行わない

肌への影響を考えるなら、自己処理で使うアイテムの見直しだけでなく、使用回数も見直すべきです。

すでに前述しましたが、自己処理を毎日行うのは肌への負担が大き過ぎます。

肌のためには自己処理は少ないほうがよく、頻繁に行うと埋没毛以外の肌トラブルも招くことになります。できれば3、4日のスパンをあけて行うようにしましょう。

肌の保湿ケアを怠らない

乾燥した肌は傷つきやすく、傷つくことによって毛穴をかさぶたのようにふさいでしまいます。肌を乾燥から守ることが埋没毛の予防にも役立ちます。

入浴後やムダ毛の処理をした後には、化粧水やクリームによる保湿ケアを必ずして下さい。

保湿することで肌の角質化を防ぎ、ターンオーバーも正常に機能することを助けることができます。

肌の新陳代謝が滞ることがなければ、埋もれていた埋没毛も毛穴から出やすくなりますし、保湿によってうるおった肌は乾燥した肌に比べて傷つきにくく、よって埋没毛もできにくくなります。

保湿はすぐにでも行える、埋没毛の改善と予防に有効な手段です。

生活習慣を見直して肌の新陳代謝が滞らないようにする

肌の新陳代謝が正常に働いていないと、古い角質をためこみやすく、毛穴をふさぎ、埋没毛もできやすくなります。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌は睡眠中にもっともよく出ます。

もしも睡眠が足りていないなら、新陳代謝の機会――肌の細胞が分裂し、新しく生まれる機会――をうばっていることになるでしょう。

新しい肌ができるためには睡眠だけでなく、タンパク質をはじめとした栄養素も必要です。

どれだけ睡眠がとれていても、材料が不足していたら、新しい肌を体はつくり出すことができません。

ですから栄養バランスのとれた食事が大切なことは言うまでもありません。

他にも、ストレスをためこまないとか、適度な運動をするといった規則正しい生活習慣も、肌の新陳代謝にとって必要不可欠です。

肌の新陳代謝がうまくまわっていれば、古い角質は、新しい細胞が押し上げられることで剥がれ落ちるので、肌質は改善され、埋没毛の予防と改善にも寄与します。

脱毛サロンやクリニックで脱毛する

これまでに挙げた四つ――自己処理で使うアイテムや使用回数の見直し、保湿ケアや生活習慣の改善――以外に、埋没毛の問題を根本的に解決する一つの手段として、脱毛サロン、クリニックへ行くという選択もあります。

埋没毛になる原因の多くは自己処理です。

自己処理はどんなアイテムであれ(負担の少ない電気シェーバであっても)、肌へのダメージを全く無しにすることはできません。

このため、自己処理を続ける限り、埋没毛の発生を回避するのは難しいと言えます。サロンやクリニックで脱毛すれば、自己処理から解放され、肌への負担を軽減できます。

また、サロンのフラッシュであれ、クリニックのレーザーであれ、基本的には毛や毛根の黒いメラニン色素に反応する性質を利用しているため、皮膚の下に埋もれて見えている埋没毛にも効果が期待できます。

埋没毛の問題を根本的に解決したい人にはサロンやクリニックでの脱毛がお勧めです。

医療脱毛クリニック ランキング

関連記事

NO IMAGE

脱毛をした後にやった方が良いケアとやってはいけないこと

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

NO IMAGE

医療脱毛をした後に肌が赤くなった!赤みやかゆみの原因や対処法

NO IMAGE

【ニードル脱毛・ワックス脱毛・シェービング・光脱毛・医療レーザー脱毛】それぞれの...

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛ができない人の条件は?その理由について

医療脱毛ができない人の条件は?その理由について

NO IMAGE

医療レーザーと光脱毛の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

NO IMAGE

生理中でも医療脱毛は可能?どのタイミングが最適?

NO IMAGE

医療レーザー脱毛の種類はいくつある?それぞれのメリット・デメリット