医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

手軽にできるサロン脱毛に比べると、クリニックで行う医療脱毛は痛みが強いといわれています。

医療脱毛を受ける女性全員が、ムダ毛のないキレイな素肌を手に入れるために、頑張って痛みに耐える!と思えたらいいのですが、中には体質的に痛みに弱いという方もいることでしょう。

では、そのような場合にはどうしたらよいのでしょうか。

レーザーを使う医療脱毛は痛みを伴う

レーザーを使う医療脱毛は痛みを伴う医療脱毛で導入されている脱毛方法は、レーザーを照射させて毛根を焼ききっていく方法です。


脱毛サロンで行う脱毛よりも、脱毛完了までの期間が短かいというメリットがありますが、その分痛みが強くなるのは事実です。

レーザー脱毛はなぜ痛い?

脱毛サロンで主に導入されている脱毛方法は「光」で行うのに対し、医療脱毛は「レーザー」で行います。

「レーザー」を使って行う医療脱毛は、非常に効果が高い反面リスクも伴うため、医療機関でしか行うことができません。

手術などで主に使われている医療機器に「レーザーメス」がありますが、これは出力は全く違うものの、医療脱毛で使われている「レーザー」と同じ仕組みのものです。

それだけパワフルな脱毛方法であるがゆえに、どうしても痛みを伴ってしまうのです。

痛みには個人差があり、パーツによっても異なる

クリニックで行うレーザー脱毛は、多少なりとも痛みを伴います。これは事実ではあるのですが、痛みの耐性には個人差があるので、「そこまで気にならない、我慢できる」という方もいれば、「我慢できる痛みではない!」と感じる方もいます。

またレーザー脱毛は、太くてしっかりした毛が密集しているパーツ・色素沈着が進んでいるパーツ・皮膚が薄いパーツにより反応しやすいという特性があります。

そのため、ほかのパーツは痛みを感じないという方であっても、デリケートゾーンやワキなどには痛みを感じるという場合もあるのです。

痛みが強くて我慢できない場合には、麻酔をしてもらえる

痛みが強くて我慢できない場合には、麻酔をしてもらえる医師の指揮下で安心・安全に医療脱毛しようと決心して契約したのはいいけれど、実際に施術を受けてみると想像以上に痛みが強い、そんな場合には麻酔をお願いするという方法があります。

我慢できそうにない強い痛みの場合には、麻酔をお願いしよう

クリニックで行われる医療脱毛は、医師または医師の指揮下にある看護師などが施術を行います。

脱毛サロンよりパワフルなマシンを揃えているだけでなく、施術中に起きうるトラブルにも、すぐに対応できるようになっているのが、医療脱毛の特徴でもあります。

そのため、もし痛みが我慢できない!という場合には、遠慮せずにその旨を伝えると、麻酔をしてもらえます。

麻酔は効果バツグン!でも別料金が必要

クリニックによって使う麻酔の種類は多少異なりますが、一般的には以下の麻酔がよく行われています。

麻酔クリーム

医療脱毛の施術時には、キシロカインゼリーなどの麻酔クリームがよく使われています。
麻酔クリームのメリットは、局所麻酔ができること。


必要な部分だけ使うことができるので、身体への負担も少なくてすみます。

麻酔クリームは、クリームを塗布した後に、その部分の感覚が少しずつ鈍っていき、段々ピリピリとした感覚に変わっていきます。

その感覚になってから施術を行うと、施術自体の痛みは感じずにすみますよ。

使う麻酔クリームの種類によっても多少異なりますが、このピリピリとした感覚は、塗布してから数時間は残る場合がほとんどです。

麻酔クリームの効果を感じられるのは、塗布してから30分ほど経ってからなので、痛みに弱いのがわかっている場合には、事前に伝えておくようにするとよいでしょう。

笑気(しょうき)ガス

笑気ガスとは、歯科での治療にも使われることがある、マスクを着けて亜鉛化窒素を鼻から吸うタイプの麻酔です。


笑気ガスの効果は、マスクからガスを吸っている間のみにあるので、施術時間のみ使いたい場合に向いています。

静脈からする麻酔に比べると身体への負担も少ないのですが、麻酔の強さでいうと、麻酔クリームには適いません。

ほとんどのクリニックでは、この施術時の麻酔料金はプランから除外されていることが多く、その都度3,000円~5,000円ほどの費用が発生してしまいます。

痛みに弱い方にとっては、施術をラクに受けるために積極的に利用したい麻酔ですが、希望する場合には別料金を払わなければいけないのがデメリットといえます。

痛い!でも麻酔は使いたくない、ほかに何か対策はある?

麻酔は使いたくない、ほかに何か対策はある医療脱毛は確かに痛みを伴ってつらいけれど、別料金がかかるし、身体に負担をかけてしまうから使いたくない!そんな場合にはどうしたらよいのでしょうか。

ほかに何か対策はあるのかどうかについて見ていきましょう。

脱毛マシンの出力レベルを調節してもらう

麻酔をせずに脱毛をはじめて、どうしても痛みに耐えられなくなってしまった場合には、まず施術してくれているスタッフにその旨を伝えるようにしてください。

ほとんどのクリニックでは、施術中にこのような痛みの申告があった場合には、脱毛マシンの出力レベルを調節してくれますよ。

ただし、あまりにもレベルを下げすぎてしまうと脱毛完了までの期間が長くなってしまい、場合によってはプランで決められている回数以上通わなければいけなくなってしまうこともありえます。

そうなってしまわないように、麻酔を使ったほうがいいのか、出力レベルを下げたほうがいいのかということは、スタッフに相談しながら決めていくとよいでしょう。

冷やしてもらう

痛みを感じた場合の緊急処置として有効なのは、その部分を冷やすことです。

クリニックでの医療脱毛の場合には脱毛終了後に冷やす場合が多いのですが、施術中に痛みを強く感じる場合には、スタッフに伝えて冷やしながら施術をしてもらえるよう頼んでみましょう。

最近クリニックで多く使われている脱毛マシン「ジェントルレーズプロ」には、冷却しながら施術を行える機能もついています。

クリニックでの医療脱毛を希望している場合には、事前にそのクリニックがどんなマシンを導入しているのかについても調べておくとベターですよ。

ほかのことを考えて気を紛らわせる

施術中に痛みを感じたとき、その痛みを我慢しようと思ったり、痛みを感じているのに感じていないふりをしようとすると、逆に全神経がその痛みに集中してしまいます。

そうなってしまうと、さらに痛みが強くなってしまいますよね。

その状況を避けるためには、全く関係のないことを考えて、気を紛らわせながら施術を受けてみてはいかがでしょうか。

たとえば、クリニックでの脱毛を終えた後にどこかに寄り道をしていくプランや、晩ごはんのメニューを考えたり、次の日に着ていく服のコーディネートを考えていると一石二鳥で有効に時間を使えそうですね。

深呼吸してリラックスする

施術中に「痛みを感じても我慢しよう!」と思いすぎてしまっていると、知らないうちに身体に力が入ってガチガチになってしまいがち。


そうなってしまうと、ますます痛みに神経が集中してしまって逆効果になってしまうこともあります。

それを防ぐためには、意識して深呼吸をするように心がけ、手足の力を抜いてリラックスするのも効果的ですよ。

医療脱毛クリニック ランキング

関連記事

毛周期とは?医療脱毛との関係性

毛周期とは?医療脱毛との関係性

NO IMAGE

医療脱毛をした後に肌が赤くなった!赤みやかゆみの原因や対処法

NO IMAGE

埋没毛とは?原因・治し方・予防方法について

NO IMAGE

医療レーザーと光脱毛の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

NO IMAGE

【ニードル脱毛・ワックス脱毛・シェービング・光脱毛・医療レーザー脱毛】それぞれの...

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

NO IMAGE

医療レーザー脱毛の種類はいくつある?それぞれのメリット・デメリット

NO IMAGE

脱毛をした後にやった方が良いケアとやってはいけないこと

NO IMAGE

生理中でも医療脱毛は可能?どのタイミングが最適?

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?