医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

一昔前までは、光脱毛やレーザー脱毛等によりるムダ毛処理は一部の人がするだけのもので、高額な料金と相まって一般的な美容方法とは言えませんでした。

しかし、昨今では脱毛機器の進化や料金の定額かも手伝って、昔よりも一般的になってきています。

特に、医療脱毛を行っているクリニックなどは、高い脱毛効果が得られるので、利用を検討している人も多いことでしょう。

しかし一方で、エステサロン等の脱毛の場合、高い脱毛効果は得られないものの、価格帯を医療脱毛より安く設定することで、リーズナブルに脱毛を実現しています。


この様な事を考えると、医療脱毛より一般的なエステサロンによる脱毛の方がメリットが大きいように感じます。

ただ、医療脱毛は医療機関による脱毛なので、保険の適用が行えるのではないかと考えるかもしれません。

しかしながら、医療脱毛への保険の適用は基本的に行われていません。では、何故医療脱毛は保険の適用外なのでしょうか。

医療脱毛が高い理由。保険が適用されるケースは?

医療脱毛が高い理由。保険が適用されるケースは?前段で説明した様に、医療脱毛は保険の適用外になっています。

何故ならば、健康保険が適用されるケースは、何らかの病気への治療に対してだけで、医療脱毛の様な美容目的の脱毛は病気ではないので適用されないのです。

考えてみれば人がムダ毛と考えるものは、主観若しくは客観的な見た目の問題であり、体毛が生えること自体は何ら不自然なものではありません。

とは言え、見栄えが良くないと様々な不都合が出るのも事実なので、脱毛効果の高い医療脱毛は有益なものであることも否定できません。

では、医療脱毛における料金は、何故エステサロンの様に安くないのでしょうか。また、何らかの事由によって保険が適用されるケースはないのでしょうか。

医療脱毛がエステサロンより高い理由

医療機関で必要になる料金は、保険の関係によって治療費の一部が自己負担となる保険診療と治療費すべてが自己負担となる自由診療に分かれます。

医療脱毛の場合、その理由が美容目的なので保険は適用されず自由診療での施術となるのです。

この時、医療脱毛に関わる料金に関しては、何らかの規定がある訳ではないので、料金はクリニックに一任される事になります。

そのため、医療脱毛を行っているクリニック間でも料金の違いが出てくるのです。

しかしながら、医療脱毛に関わるコストに関してはさほど変わらないので、概ね似た料金になるのです。

一方、エステサロンによる脱毛の場合、医療脱毛よりコストが掛からない脱毛器を使用しているので、脱毛に関わるコストは割安になります。

ただ、医療脱毛よりコストは安くなるものの、使用している脱毛器の出力が劣ってしまうので、脱毛効果は低くなる傾向があるのです。

更に、価格競争を行っているエステサロンや医療脱毛の場合、一見すると安い料金に見えるのですが、高い脱毛効果を得るためには高額なオプションが必要であったり、何らかの商品の勧誘・押し売りを行っている場合があります。

つまり、一定の脱毛効果を得るには、それなりの料金が必要になるのは避けられないので、一見高額に見える医療脱毛であっても、総合的に考えれば妥当な金額となっている場合が殆どです。

とは言え、技術力やアフターケアーが手厚い等は個々に異なるので、口コミや実体験をよく調べてから決めるべきです。

多毛症なら保険適用?

多毛症等の場合、病気と認定されるので保険が適用されます。多毛症とは、柔らかい毛が硬い毛に変化してしまう病気の事で、体毛が無数に生えてくる病気ではありません。

一見すると大した病気ではないうように感じますが、人間の体は男女問わず全身に産毛が生えているので、これが硬い毛に変化してしまうと相当毛深くなってしまいます。

これらの原因は、男性ホルモンの過剰分泌だとされており、男女問わず発症する可能性があります。

女性の場合、男性ホルモンは副腎と卵巣で生成されており、これらの部位の疾患で発症するとされています。

つまり、多毛症の場合ならホルモンバランスの乱れによる「病気」となるので、保険が適用されるのです。

しかし、あくまでホルモンバランスを正常に戻す目的として保険が適用されるので、レーザー脱毛等医療脱毛は保険適用外になり、実質保険適用となるケースは無いと言うことになります。

金銭的負担を軽減して医療脱毛するには

金銭的負担を軽減して医療脱毛するには医療脱毛が保険適用外であるものの、総合的に考えれば妥当な金額だと言うことは前述しました。


事実、医療脱毛に必要な料金が10年前の1/3(全身脱毛は現在30万円前後)になっており、エステサロンでの脱毛とさほど変わらない料金になりつつあります。

更に、医療脱毛の脱毛効果は高いので、脱毛スピードが早く脱毛完了となるなるまでの期間も短くて済みます。

つまり、医療脱毛とエステサロンでの脱毛の料金的な差はほとんど無く、むしろ効果を考えると医療脱毛の方に軍配があがるのです。

更に、医療脱毛が行えるクリニックも徐々に増えていることや機器の進化によって、今後さらにコストダウンを期待できるのです。

しかし、そういった現状ではあるものの、30万円前後は安い金額ではありません。では、医療脱毛の金銭的負担を軽減して行う方法はないのでしょうか。

医療ローンで金銭的負担を軽減

金銭的な負担を軽減する方法として、医療ローンを利用する方法があります。医療脱毛は保険適用外ですが、行為そのものは医療行為です。

医療ローンと言うと聞き慣れない言葉ですが、高額な医療費を支払う場合に利用する事が出来るローンの事を指します。

言葉通り医療行為に限られるローンですが、中身はほぼ一般のものと変わりません。ただし、申込みを行って審査を通過する必要があるので注意が必要です。

なお、医療ローンは、銀行等が行うものとクリニックと提携しているローン会社が行うものとがあります。

後者の場合、窓口で申し込みが行えるうえ、手持ちの現金も不要なので、非常に利便性の高い医療ローンになっています。

医療ローンのメリットとデメリット

医療ローンは便利なものですが、メリットとデメリットは勿論存在しています。メリットに関しては、手元の持ち合わせがなくても医療脱毛を行えることです。

また、昨今の医療脱毛においては、医療ローン以外にもクレジットカードで支払いを行える事がありますが、場合によっては利用できないので、医療ローンを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

デメリットに関しては、ローンなのでトータルで支払う料金が割増になることと、医療ローンを利用する前段階の審査などが挙げられます。

後者の場合、審査には時間が掛かり、なおかつローンの支払い能力が無いと利用する事は出来ません。

前者の場合、言わずもがな掛かる費用を分割する代わりに、月々の支払いが家計を圧迫する事が考えられます。

確かに、医療ローンを利用して医療脱毛を行うことは、利用の仕方によって金銭的負担を軽減しますが、ただ漫然と勧められるまま利用するのはいらぬリスクを背負い込みかねません。

ですから、医療ローンを検討する場合は複数のローンを比較し、どういった返済計画が最も無理がないかしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

医療ローンは高額な医療脱毛を利用しやすくしてくれる便利なものですが、しっかりと理解した上で利用する様にしましょう。

医療脱毛クリニック ランキング

関連記事

NO IMAGE

埋没毛とは?原因・治し方・予防方法について

NO IMAGE

医療レーザー脱毛の種類はいくつある?それぞれのメリット・デメリット

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

NO IMAGE

脱毛をした後にやった方が良いケアとやってはいけないこと

NO IMAGE

生理中でも医療脱毛は可能?どのタイミングが最適?

毛周期とは?医療脱毛との関係性

毛周期とは?医療脱毛との関係性

NO IMAGE

【ニードル脱毛・ワックス脱毛・シェービング・光脱毛・医療レーザー脱毛】それぞれの...

NO IMAGE

医療脱毛をした後に肌が赤くなった!赤みやかゆみの原因や対処法

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

NO IMAGE

医療レーザーと光脱毛の違いとは?それぞれのメリット・デメリット