医療レーザー脱毛の種類はいくつある?それぞれのメリット・デメリット

医療脱毛に通いたいけれど、通う予定のクリニックはどのようなレーザー脱毛機を使っているのかを知っている方は少ないです。

同じような美容クリニックでも、クリニックによって使用している脱毛機が異なります。同じレーザーでもそれぞれ特徴が異なるので、肌に合ったレーザー脱毛機を使うことが重要です。

レーザーは毛根組織を破壊させるため、火傷や肌へのダメージがないとは言えません。

毛の性質に応じて使う脱毛機器を変えているクリニックや火傷のリスクが低いマシンを使っているクリニックは、安心して効率的な脱毛ができます。

ここでは、美容クリニックでのシェア率が高い脱毛機を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

メリットやデメリットを知ることでより満足のできる脱毛をすることができるはずです。

医療レーザー機器の主な種類

医療レーザーをするときに使うレーザーのタイプは、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、YAGレーザーの3種類に分かれます。

これらは波長が異なり、ダイオードレーザーでは810nm、アレキサンドライトレーザーでは755nm、YAGレーザーでは1064nmの波長を持っているのです。

波長の長さは、レーザーが肌の表面から毛根に向けてどの程度深くまで届くかを示していますが、深いところに毛根があるような毛ではYAGレーザーがもっとも届きやすくなる特徴があります。

一般的な脱毛であればアレキサンドライトやダイオードで十分脱毛効果を実感できますが、施術を繰り返してもなかなか効果がないという場合にはYAGレーザーを使うことも可能です。

光脱毛とレーザーの違い

脱毛専用エステで使用している脱毛マシンは、光を使った脱毛機になります。レーザー脱毛機を使用できるのは医療クリニックだけです。

光脱毛では照射レベルもレーザーに比べると低いので比較的安全で痛みを感じることなく脱毛することができます。

レーザー脱毛は、出力を肌の状態に合わせて強くすることも可能で、5回コースなどを受ければ、1年程度で毛がほとんど目立たない状態までにすることもできるのです。

脱毛専用サロンですと、2年通ってもなかなか効果を実感できないという方もいますが、使用するマシンに違いがあるために差が出てしまいます。

医療脱毛のレーザーと光脱毛の違いについては、以下のページで細かく解説しています。是非ご覧ください。

>> 医療レーザーと光脱毛の違い

レーザー脱毛は毛根にどのように働くか

レーザー脱毛は、毛根にあるメラニン色素に反応して組織を壊していきます。黒い色のみに反応する仕組みですので、肌そのものにダメージを与えません。

毛根の細胞組織が壊れてしまえば、毛は育つことができなくなります。

レーザー脱毛を受けるときに、輪ゴムで弾かれるような痛みを感じることがあるのですが、これはメラニンに反応したときに発熱を起こしてしまうからです。

太い毛ほどそのような痛みを感じやすく、細い毛はメラニンも少ないのでそこまで痛みを感じません。

毛周期に合わせて、成長している毛に照射する必要があるため、2ヶ月程度の期間を開けて施術を数回受ける必要があります。

ダイオードレーザーで脱毛

レーザー脱毛といえば、ダイオードかアレキサンドライトかと言われるように日本でも普及率の高い脱毛機の一つです。

ダイオードレーザーは1998年に開発され、アメリカのFDAという政府機関からも安全性と脱毛効果を認定されたマシンになります。

ダイオードレーザーを使っているマシンは、ライトシェアデュエットやペクタス、メディオスター、ソプラノアイス・プラチナムなどが挙げられます。

特にライトシェアデュエットは、多くの美容クリニックが導入している脱毛機です。

レーザー脱毛が初めてという方で、痛みに弱い方はダイオードレーザーをおすすめされることもあります。

痛みが少なく、様々なメリットがあるので安心して脱毛効果を期待できるのです。

ダイオードレーザーのメリット

ダイオードレーザーはレーザー機器の中でも痛みが少ないです。蓄熱式といい、脱毛をするときの発熱反応を蓄積することができるマシンがダイオードレーザーにはあります。

冷却装置がついていて、冷却ガスを出しながら脱毛していくので痛みを感じにくくなるのです。

施術後の赤みが少なく、肌ダメージも減らすことができますので、お肌に不安がある方にはおすすめです。

日焼けをしていると脱毛ができないこともあるのですが、ダイオードレーザーであれば日焼け肌にも対応することができます。

照射口が広いため対象のエリアを効率的にお手入れでき、より産毛や細い毛を綺麗にしたいという方にも最適なマシンです。

ダイオードレーザーのデメリット

ダイオードレーザーは脱毛効果は期待できるものの、他のレーザー脱毛機が持つような美肌効果はありません。

小さい黒子やシミを消したいという方はあまり過度な期待をしないほうがよいでしょう。ダイオードレーザーは、発熱から肌を守るためのジェルが必要なマシンもあります。

ライトシェアデュエットは、吸引式を取っているためジェルの必要はありません。ジェルの感触が苦手という方は、ジェルを使わないマシンがあるかどうかを確認しましょう。

ダイオードレーザーであっても、毛を1本も残らずに処理できるかといえば、毛が再発してしまうこともあります。

休止している毛の成長期にいくら当てても脱毛はできませんので、成長期に合わせて照射を行うことが大切です。

アレキサンドライトレーザーで脱毛

アレキサンドライトレーザーは1996年に開発されて、ダイオードレーザーよりも早く日本に導入されました。

アレキサンドライトレーザーもアメリカのFDAから認可をされており、安全が認められている脱毛機です。

アレキサンドライトレーザーを使う脱毛機は、ジェントルルーズ、ジェントルルーズプロなどで、YAGレーザーとの複合レーザーでは、ジェントルマックスプロなどが挙げられます。

アレキサンドライトは高い脱毛効果があるので、多くのクリニックで導入されています。

ダイオードレーザーと異なり脱毛できる条件などもありますが、それでも一般的な脱毛であれば十分満足できる仕上がりになるはずです。

アレキサンドライトレーザーのメリット

脱毛効果が高く、比較的剛毛な毛が多い脇やVIOに効果を示します。早い人では、5回程度の施術でお手入れが完了する方もいるほどです。

アレキサンドライトレーザーには、美肌効果が期待でき、毛穴やシミなどでお困りの方でも脱毛と同時にケアすることができます。

フォトフェイシャルにも使われるレーザーですので、美肌を求める人にもおすすめです。

照射口は直径2センチ程度ですが、1回の照射にかかる時間は0.5秒ほどと短いので、両脇の脱毛でも5分とかかりません。

全身脱毛など広範囲な脱毛でもスピーディーな処理が可能となっています。

アレキサンドライトレーザーのデメリット

アレキサンドライトは、日焼けしている方の肌には照射することができません。肌に含まれるメラニン色素にも反応するので、火傷になる危険性があるからです。

地黒という方も避けたほうがよいでしょう。お手入れしたい毛が薄く、細い場合、照射をしてもなかなか脱毛効果を実感できず、完了までに時間がかかることがあります。

産毛のお手入れには剛毛に比べても時間がかかるでしょう。肌への影響はないことが多いのですが、毛穴が赤くなりトラブルとなるケースもあります。

肌が弱い方は事前に相談して、アフターフォローを医師から受けると安心してお手入れを続けることができますよ。

医療脱毛クリニック ランキング

関連記事

NO IMAGE

脱毛をした後にやった方が良いケアとやってはいけないこと

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

医療脱毛は痛みが強いというのは本当?麻酔で和らげることはできる

NO IMAGE

埋没毛とは?原因・治し方・予防方法について

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

医療脱毛に保険は適用される?医療ローンを利用してみよう

NO IMAGE

医療レーザーと光脱毛の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

NO IMAGE

【ニードル脱毛・ワックス脱毛・シェービング・光脱毛・医療レーザー脱毛】それぞれの...

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

医療脱毛の効果を感じられるのは何回目くらいから?

NO IMAGE

医療脱毛をした後に肌が赤くなった!赤みやかゆみの原因や対処法

NO IMAGE

生理中でも医療脱毛は可能?どのタイミングが最適?

毛周期とは?医療脱毛との関係性

毛周期とは?医療脱毛との関係性